水の勢いはそのまま!節水アジャスターを取り付けるだけで、簡単に水道代が節約できる!

事例その1 〜A様宅(大樹町)〜

1.節水アジャスター取付箇所

シンク混合栓・浴室混合栓、シャワー…計3ヶ所
(家族構成:父母、高校2年生男子、小学6年生女子の4人家族)

2.節水アジャスター取付前後の水道使用量

  上水道使用量 年平均
取付前(平成16年度) 458m3/年 458m3/年
取付後(平成17年度) 342m3/年 335.5m3/年
取付後(平成18年度) 329m3/年
節水量 -122.5m3/年
節水率 -26.7%

3.年間の省コスト金額

  1. 上下水道料の省コスト金額
    大樹町 上水道超過料=260円/m3 下水道料金=160円/m3  合計 420円/m3
    122.5m3/年×420円/m3 = 51,450円/年

  2. 湯化燃料費の省コスト金額
    1m3当たりの水の温度を30℃上昇させるのに要する燃料費は、灯油ボイラー使用による循環供給方式の場合、年平均約350円/m3です。又、お湯の割合を少なく見て30%とすると、
    122.5m3/年×30%×350円/m3 = 12,862/年

  3. その他、ボイラーの電気料金も多少削減にもなります。
    合計省コスト金額=51,450円/年+12,862円/年=64,312円/年

  4. 償却期間
    設置工事費の償却期間は約3.7ヶ月。

  5. 二酸化炭素の削減
    上水道の削減
     CO2削減量の算定基準:上水道1m3使用により排出されるCO2排出係数は0.16kg(環境省基準)です。
    122.5m3/年×0.16kg/m3 = 19.6kg/年

☆下水道料の削減や、湯化に使用する燃料、電気の削減、及びボイラーの長寿命化にもつながります。

簡単に節約する方法TOP